買取相場
FAQ
MAP
メール
Column

壊れたジュエリーを買取に出す際のポイント

「壊れて使用できなくなったジュエリーを処分したい」とお考えの方もいるのではないでしょうか。
特に買取してほしい場合、壊れていることで買取不可となってしまうのではと心配ですよね。
そこで今回は、壊れたジュエリーを買取に出す際のポイントをご紹介いたします。
▼壊れたジュエリーを買取に出す際のポイント
■素材を確かめる
壊れたジュエリーの場合、使用される素材自体に価値があれば買い取ってもらえることが多いです。
素材の例として、金・プラチナ・ダイヤモンドなどが挙げられます。
買取できるものは店舗により異なるため、まずは買取対象になっているか確認しましょう。
■相場を確かめる
壊れたジュエリーは使われている素材の価値で査定が決まりますが、売却時期によって価格が変動することがあります。
そのため、その素材の相場がどのように変動しているか事前に確認しておくことが大切です。
急いでいない場合は、価値が上がっている時期を見て査定を依頼すると良いでしょう。
■複数の業者に依頼する
壊れたジュエリーの査定額は、店舗によって異なります。
店舗により「完品のみ」「パーツだけでもOK」というように、査定に一定の条件を定めている場合が多いためです。
複数の店舗に見積もりを依頼し、最も高い査定額のところに買取ってもらいましょう。
▼まとめ
壊れたジュエリーは、素材によって買取が可能です。
買取可能な主な素材として、金・プラチナ・ダイヤモンドなどが挙げられます。
これらを使用したジュエリーをお持ちの方は、一度査定を依頼してみてはいかがでしょうか。
その際、相場が上がっている時期を見極める・複数店舗に見積もりをとるなどで査定額をアップできる可能性があります。

関連記事

  1. 結婚指輪・婚約指輪は買取できる?

  2. 金の相場が変動する要因は?

  3. 未成年でも貴金属買取は利用できる?

PAGE TOP
FAQ
MAP