買取相場
FAQ
MAP
メール
Column

金の相場が変動する要因は?

「金ってなぜ価格が変わるの?」と疑問に思っている方はいませんか?
そこで今回は、金の相場が変動する要因について解説していきます。
金の購入・売却を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。
▼金の相場が変動する要因
金の相場は次のような要因によって変動します。
■需要の変化
金の需要が増えると金の価格が上がり、金の需要が減ると金の価格が下がります。
人気が上がると「高い値段でも購入したい」という人が増えてくるからです。
■地政学的リスク
戦争・テロなどが発生する可能性が高い場合は、金が買われる傾向から値段が上がりやすいです。
「安定した資産として金を保有したい」という人が増えるからです。
■米ドルの変動
通貨の中でも米ドル(アメリカドル)は、最も金の価格に影響を与えます。
米ドルの価値が下がった時に金を買い求める人が多いため、価格が上昇しやすいです。
ただし各国の政策・経済状況によっても金の価格は変動するので、必ずしも米ドルと連動するわけではありません。
■新興国の経済成長
新興国の経済成長に伴い金の需要が増えるため、金の価格が上がりやすいです。
金が電子機器の製造に使われていることも、価格の上昇に関係しています。
▼まとめ
金の相場は「需要の変化」「地政学的リスク」「米ドルの変動」「新興国の経済成長」など、さまざまな要因で変動します。
茨城県にある『Approp』では、お客様目線の貴金属買取を徹底しております。
納得の査定額・質の高いサービスが、多くのお客様に喜ばれております。
この機会に、お気軽にご利用ください。

関連記事

  1. 結婚指輪・婚約指輪は買取できる?

  2. 金の相場が変動する要因は?

  3. 未成年でも貴金属買取は利用できる?

PAGE TOP
FAQ
MAP