買取相場
FAQ
MAP
メール
Column

アクセサリーのTPOについて

女性にとって身近なアクセサリーですが、TPOに合わせたマナーがあるのをご存じでしょうか?
アクセサリーには、シーンによってふさわしいものと避けるべきアクセサリーがあるんです。
そこで今回は、シーンごとのジュエリーマナーをご紹介します。
▼結婚式のジュエリーマナー
■避けるべきアクセサリー
結婚式の主役は、新郎新婦です。
そのため結婚式では、花嫁が最も華やかとなるよう派手すぎるアクセサリーは避けましょう。
また、フェザーやアニマル柄は殺生を連想させるため、縁起が良くないと言われています。
▼お葬式のジュエリーマナー
■避けるべきアクセサリー
お葬式ではキラキラ光るアクセサリーだけでなく、バッグや靴の金具もマナー違反です。
また二連のネックレスは「不幸が重なる」ということを連想させてしまうため避けましょう。
同様に、長いネックレスも「不幸が長引く」ことを連想させることから、短めの1連ネックレスをつけることがお葬式のマナーです。
▼学校行事のジュエリーマナー
■避けるべきアクセサリー
結婚指輪以外のキラキラ光るアクセサリーは、昼間は控えるようにしましょう。
また学校行事はフォーマルなインベントのため、個性的なアクセサリーではなくシンプルなものがオススメです。
▼まとめ
冠婚葬祭におけるアクセサリーは、装いに華を添える・故人への弔意を表すアイテムの一つです。
しかし、服装と同様にTPOに合わせたマナーがあるため、着用する際には注意が必要です。
事前にジュエリーマナーをチェックして、シーンに合ったアクセサリーを選ぶようにしましょう。

関連記事

  1. 貴金属の査定方法は?

  2. 貴金属の鑑定書の役割とは?鑑別所との違いは?

  3. 革製品のお手入れ方法は?

PAGE TOP
FAQ
MAP